お問い合わせはこちら

☆キャンドルを安全に愉しむ☆

☆キャンドルを安全に愉しむ☆

2020/05/28

キャンドルを安全に楽しんでいただくため、火を点ける時の注意点をお話しをします

クーラーなどの風の当たる場所でのご使用は、ロウが流れ出たり、ススが出る原因になります★

カーテン、紙類、ベッド、など燃えやすいものからは離して使いましょう♣︎

キャンドルによっては、ロウが溢れたりする場合がありますので、耐熱性の受け皿やキャンドルホルダーを使ったほうが良いでしょう♪

溢れた場合は一度火を消して、ロウが固まったら再度灯しましょう☆

炎が安定しない場合は一旦消します*

炎から煙が出る、炎がちらつく、炎が大きすぎるなどの場合はいったん火を消しましょう*

キャンドルの燃え方が、不安定になっています★

冷えるのを待って芯を少し切り落としてから再度点火しましょう♪

1) 芯の根元に火を点ける。

芯の上のほうではなく、芯の根元近くに火を点けましょう♪

2) 燃焼時間は1時間以上を!

短い時間の燃焼を、繰り返すと真ん中だけ燃えていきます♠︎

キャンドルの寿命が、短くなるため均等に燃えるように使いましょう★

連続燃焼は2~3時間を目安にしましょう♪

キャンドルの燃焼面が、終わりかけたら火を消してください☆

芯は0.5~1cmが目安です♪

長い芯は必ずカットしてから使います★

炎が小さい、または消えてしまう場合→芯が短すぎます☆

火を消してキャンドルのロウ溜まりを、少し取り除いて再び点火をしましょう♪

炎が大きすぎる、またはススが出る場合→芯が長すぎます☆

いったん火を消して、芯を5mm~1㎝程度の長さに切って火を点けましょう♪

キャンドルを安全に使うことによって、癒しと安らぎをより一層楽しんでいただければ幸いです☆

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。